FC2ブログ

コウノメソッド

6月20日(月)の鹿児島市訪問看護ステーション連絡協議会は、ひらやま脳神経外科の平山医師をお迎えして『コウノメソッド』についてご講演いただきました

認知症の話と聞いていたので、「また、接し方によって周辺症状は違ってくるっていう話か…」と決めつけていたのですが、事前に勉強するとなんのなんの!
コウノメソッド2016  

結構、パンチの利いた内容です。
河野医師って、認知症オタクなんだろうか…なんて思いながら、平山先生の勉強会に臨ませていただきました。

1時間の講演、認知症の話ではこれまでで一番面白く、興味深い内容でした。
仕事帰りだったのに、まったく眠くならず、「こんな先生が地域にいてくれるなんて、鹿児島の将来は明るい!」と思える内容でした。
まだスタンダードな治療法ではないので、広く認知されるのは難しいかもしれませんが、一人の患者さんと向き合い、「よりよい人生を歩んでもらいたい」という強い意志を感じました。

訪問看護の対象者は御高齢の方が多く、認知症の方もたくさんいらっしゃいます。
それを「年だから」と片づけるのではなく、症状と薬・介護状況などを鑑みながら、よりよい方向に向かって行くように、看護師は一緒に歩める存在なのだということに、改めて気づくこともできました。

漫然とした状況を当たり前だと思うのではなく、日々、目の前のことを深く考えながら看護していきたいと思います。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。