FC2ブログ

血管確保

看護師としての大切な看護技術に『血管確保』があります。
採血、注射、点滴など。静脈に針を刺して行います

私は元々不器用で、看護師になりたての頃は、本当に苦労しました
昔の病院は業務分担型で、『点滴係』になると、患者さん全員の点滴をしなくてはいけませんでした。
私が所属していた病棟の8割ほどは肝臓疾患で、まぁーその患者さん達の血管が出ないこと出ないこと
右手の親指の付け根の血管しか出ない・・・っていう患者さんもいて、泣きそうになりながらやっていたのを、今でもハッキリ覚えています。

そして、訪問看護師になってからは・・・
『自分しか訪問していないので、失敗が出来ないというプレッシャー』を抱えながら、採血や点滴などをすることになりました。
病院では他の看護師に「ごめんなさい、3回刺しても出来なかったので代ってもらっていいですか?」という選択肢があったのですが、訪問看護師にはありません。
しかしながら、訪問看護の利用者さんというのは御高齢だったり、状態が悪かったりして、血管確保するのが難しい方が多く、本当に入らなくて他の看護師に来てもらったこともあります。

この血管確保が出来る・出来ないには心理的要因も大きく関わっていて、好調な時と不調な時があります。
最近、不調になってきて、気持ちがズドーンと落ち込んでいるので、技術を向上させようとネット検索しました。

すると、『看護roo』という看護技術動画サイトを見つけました。
https://www.kango-roo.com/mv/

今は、簡単に動画で看護技術を学べる時代になったのですね。
嬉しい限りなのですが、動画に出てくる人は若く健康そうな人で、あまり参考にはなりませんでした

また、明日から『私は出来る!』という強い気持ちを持って、血管確保に臨みたいと思います
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。