FC2ブログ

老いても病んでも地域で暮らし続けるために(研修会)

8月28日(金)18:30~20:30まで、鹿児島県医師会館で行われた研修会に参加してきました

老いても病んでも地域で暮らし続けるために
~地域包括システムの構築を目指して~

上記講演名で、講師は、

医療法人財団千葉健愛会理事長 あおぞら診療所 院長 川越正平先生

でした。

研修会

川越先生は在宅医療界では有名な先生です。

千葉県松戸市で在宅支援診療所を開業されており、その活動内容をお話しいただきました。
医療・介護のみならず、消防局や行政とも積極的に連携されたり、小中学校で『いのちの授業』を実施していらっしゃたりと、地域密着の活動をなさっていました。

各地、地域の状況はそれぞれですので、その地域の状況に合わせたシステムを構築していこうというのが、厚生労働省が進める『地域包括システム』です。
私も、色々な地域活動をしていきたいと思いつつ、業務に追われて一日が終わる・・・という毎日を送っております(反省)

今年は、訪問看護ステーションの基盤づくりに重点を置きたいと思っていますので、来年くらいから地域へ活動の場を広げていけたらなぁ~と思ってます

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。