FC2ブログ

桜島噴火警戒レベル4

お盆の最中、桜島が「噴火警戒レベル4」と発表されました
発表時は、事務所の携帯電話が一斉に緊急速報を受信して鳴ったので、何事かと思ったとのこと

全国ニュースでも大々的に取り上げられ、県外の友人からは「鹿児島大丈夫?」と心配するメールがきました。
現在、桜島の火口3km以内の方は避難所に避難されていますが、それ以外の鹿児島市は警戒しながらも普通に過ごしています。

桜島は1914年の大正大噴火で溶岩が多量に海に流れ込み、大隅半島と陸続きになりました。
去年は大正大噴火から100年だったので、色々な防災イベントも行われました。

私は鹿児島市に住み始めて12年目になります。
「鹿児島は灰が降るから気を付けて」と言われてましたが、住み始めた当時は全く灰は降っていませんでした。
5~6年前から、『ドカ灰』(桜島の噴火で大量の灰が降ること)が頻繁になり始めました。
特に夏は、風向きが鹿児島市方向なので灰の量が多くなります。
「今年は灰が降らないな・・・」と思っていた矢先の、噴火警戒レベル4報道。
火山と共に暮らすためには、やはり備えが大切であると痛感しています。

・・・ということで、昨日仕事が終わってから、飲料水や保存食などを買いに行ってきました。

備え


左側の缶の中は、我が家の防災グッズ(懐中電灯、蝋燭、手動式ラジオライト、ランタン)です。
私は、ちょうど東京旅行に行っていた時に東日本大震災に遭い、まだ0歳だった娘と共に羽田空港で一夜を過ごしました。
その時、人生初めて「死ぬかもしれない」という危機感を感じました。
もちろん、防災グッズを使わないことを心から祈っていますが、『備えあれば憂いなし』ですので、準備はきちんとして日々の生活を送りたいと思います。


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

  (設定しておくと編集できます)
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。